これって経費に出来る?

キャバクラ代は経費に出来るのか?

「あ~、お兄さんまた来てくれたの~??嬉しい~♡♡♡」

「◯◯ちゃんに会いたくてまた来ちゃったよ♡」

「ほんと!?嬉しい~!!今日もいっぱいお酒ごちそうしてね♡♡」

 

・・・

 

「お会計、20万円です」

 

チーン。


結論:キャバクラ代は経費に出来る!

どうも、植村です。

夜の遊びとしてキャバクラは代表的なものですが、接待や付き合いなど、仕事としてキャバクラに行くこともありますよね。

で、このキャバクラ代、とにかく高い!!ですよね。

1回行くだけでも最低数万円はかかるお店がほとんどですし、場合によっては数十万~数百万円かかることもあります。

これだけ高額なキャバクラ代、経費として落とせたら「嬉しい~♡♡♡」ですよね。

ただ、

「キャバクラ代って、金額が高額だし経費に出来ないんじゃないの・・・?」

と不安に思う方も多いです。

ただでさえキャバクラ代のような交際費はグレーな部分が多い領域なので、思い切って経費で落としても、「あとで税務調査で否認されるんじゃないか・・・?」と怯えている方も多いでしょう。

結論から言いますと、キャバクラ代でも仕事に関係することで使ったのであれば、堂々と経費に出来ます。

そもそも経費の定義とは、国税庁のHPによれば『収入を得るために直接必要な売上原価や販売費、管理費その他費用のこと』であり、要するに仕事上必要なものであれば大体のものが経費に出来るということになります。

であれば、例えば営業マンであれば、良好な関係を築くために取引先と飲みに行くのも大事な仕事です。キャバクラに行くのも、取引先と仲良くなるために必要な仕事ですよね。

また、一緒にキャバクラに行った相手は必ずしも取引先じゃなくて構いません。

将来取引先になりそうな人、仕事に関することで有益な情報を教えてくれそうな人、下請けの業者の人など、業務上何らかの必要があってキャバクラに行ったのであれば、経費として認められます。

確かに、少し前まではキャバクラ代を含む接待交際費に関しては厳しい規制がありました。

しかし、日本経済の長期間にわたる景気の落ち込みなどから、景気浮揚策として、2014年に法人税法上の交際費課税の改正がなされたんです。

この改正により、それまで厳しかった規制が緩み、交際費として認められる範囲が広がったのですよ。


とはいえグレーゾーンな領域ではある

もちろん、だからといって何でもかんでも経費にして良いわけではありません。

当然ながら、プライベートで行ったキャバクラ代は仕事とは何の関係もないので経費にしてはいけませんよ。

特にキャバクラ代は他の交際費と比べても高額なので目立ちます。

税務調査でも、1件あたりの金額が高額な取引については必ず突っ込まれます。キャバクラ代の場合は、「誰と行ったのか?」「そこでどんな話をしたのか?」「何の目的で行ったのか?」ということを聞かれます。

本当は一緒に行ってないのに、嘘をついて誰か適当な人の名前を言ったとしても、後日税務署から「本当に一緒にキャバクラに行ったかどうか」の確認がその人に入る可能性があります。

嘘がバレた場合、追徴課税などのペナルティが待っています・・・

税務署としても、交際費がグレーゾーンが多い領域だということは当然分かっています。特にキャバクラ代は高額なので、経費の否認が出来ると追徴課税が多く取れますし、なんとしても

「本当はプライベートで行ったんじゃないの?」

と突っ込みたい部分なのです。


どうすれば安心して経費処理出来るのか?

とはいえ先に述べた通り、本当に仕事に関係してキャバクラに行ったのであれば、堂々と交際費として処理してください。

適切に処理していれば経費に出来たものを、

「あとで否認されるかもしれない・・・」

と恐れて経費にしないのは、あまりにビビり過ぎの処理です。税金から会社のお金を守るためにも、ちゃんと仕事上の必要があってかかった費用は経費にしましょう。

ただ、ここで大事になってくるのが、『キャバクラに仕事で行ったのを証明できること』です。

本当に仕事でキャバクラで行ったのに、そのときの記憶が曖昧で税務調査でうまく説明が出来なければ、経費処理を否認されるリスクが高まります。

逆に言えば、きちんと仕事でキャバクラに行ったことを説明できるように準備しておくことが必要です。

そうすれば、税務調査で突っ込まれたとしても「あーはいはい、その領収書ですね、◯◯商事の◯◯さんと◯◯の打ち合わせをしたあとに接待目的で行きましたよ」みたいな対応ができ、調査官も経費処理を是認せざるを得なくなります。

そして、税務調査の時にうまく説明するために有効な方法が、「領収書にメモを残しておくこと」です。

例えば、以下のような項目をメモとして残しておくと良いでしょう。

  • 一緒に行った人の名前
  • 参加者数
  • どんな話をしたか

メモを残しておくことで、後で調査官に聞かれたときもそのときの記憶を呼び起こしやすくなりますからね。

 

なお、繰り返しになりますが、プライベートで行ったキャバクラは当然ながら経費に出来ません。

安易に何でもかんでも経費にしてると、最悪の場合『脱税』だと捉えかねないので。そこだけは注意してくださいね。